初めてのサーバーには、マニュアルが充実したロリポップがお勧めです。
アフィリエイトサイトを作るとき、最低でも広告1つに対して1ページを作るように心がけます。

例えば、パスタのソース通販があるとして、その広告を紹介したいとき、構造は次のようにします。

パスタのソース広告 A社?E社があるとして・・・

トップページ: 一覧
 LA社
 LB社
 LC社
 LD社
 LE社


まずこのような形。
これは一般的で、大体どのジャンルのアフィリエイトにも使えます。

広告主ごとに1ページを用意する形です。


次に、パスタだといくつかソースの種類が決まっていますので、そこに広告を載せていく方法が考えられます。


トップページ: 一覧
 Lペペロンチーノ(各社の広告を掲載)
 Lカルボナーラ(各社の広告を掲載)
 Lミートソース(各社の広告を掲載)
 L和風(各社の広告を掲載)
 

このような形です。

1つのサイトにカテゴリとして、ソースの種類、会社別、と2通り作ってもいいかもしれません。


この使い分けをどうするか?というと、どういうキーワードで上位表示したいかで考えます。

上の例の場合、仮に広告主を カゴメ だとして、「パスタ カゴメ」あるいは「トマトソース カゴメ」「パスタ ソース カゴメ」といったキーワードで上位表示したいならば、まずはカゴメのページを作って、タイトルを「パスタソースならカゴメが一番!」などとしてやれば、内的SEO的に問題はありません。

どういうキーワードが検索されているかを調べることができます。


自分で上位表示したいキーワードが、実際に検索されているのかどうか、必ず調べるようにしましょう。

そして、上のように、そのキーワードで上位表示できるページ構造を考えて、1広告1ページを原則に、サイトを作っていきましょう。

これがアフィリエイトサイト作成法の基本です。

「アフィリエイトは稼げない」という人は、稼げずに止めてしまった人か、SEOを知らないままアフィリエイトをやったつもりになっている人だと思います。

アフィリエイトは簡単、楽ちんというイメージでこれから参入しようと思っている方がいらっしゃったら、すぐに考えを改めたほうがいいです。

アフィリエイトはひたすらサイトを作り続けないといけない、地味で根気のいる作業がほとんどです。

もちろん、メルマガでアフィリエイトする場合などは別ですが。

サイトアフィリエイトに限っていえば、その作業量はものすごく、一流のアフィリエイターになると、毎日数十?数百のSEO対策用ページを作り続けているのが現実です。

もちろん、ここまでいったら、スタッフを雇うなり外注に頼むなりするわけですが、月収50万円くらいまでは、一人でこなさないといけません。

その覚悟が無いまま初めても、きっとドロップアウトしてしまいます。


さらに、モチベーションを高めつつ作業していくためには、できるだけ早くに1円でもいいから報酬をあげることです。

人間は、結果(ゴール)が見えない状態で長くは頑張れません。

まずはアクセスを集めて報酬をあげる。
楽天で100円でもいいから、アフィリエイトでお金を得る感覚を得ることを目指して、翌月は200円、次は1000円、10000円、50000円・・・と、徐々に目標を大きくしていくと、継続しやすいと思います。

なお、もっともモチベーションが高まるのは、成功率70%程度の目標に挑むときらしいので、金額設定も70%くらいの確率で達成できそうな数字にすると良いでしょう。


ちなみに、冒頭のSEOを知らないままアフィリエイトを始めてしまった というのは、もともと日記ブログのようなものをやっていて、少しばかりアクセスがあるのをいいことに、適当に広告を貼り付けただけの人のことを指しています。

アフィリエイターの半分くらいはこの手の方法で参入しているのではないかと思いますので、やってもいいですが、結果を期待しすぎないようにしましょう。

このやり方は、売れたらラッキーというレベルのやり方ですので。。

サイトを作成するのに必要な知識として、HTMLとCSS(カスケードスタイルシート)の知識が不可欠です。

とはいえ、1から全部作成できるようになるには、かなりの時間がかかりますので、テンプレートを使うことをお勧めします。

ネットマニア

cool web window

Home Page Template Free


「WEB テンプレート 無料」などと検索すると、このようなサイトがたくさんHITしますので、カッコいいと思えるものを探してみて下さい。

テンプレートを使ってサイトを作るうちに、ここをこうしたいという希望が次々に出てきます。
それを実現するにはどうすれば・・・と、ひとつひとつクリアしていくうちに、1からサイトを作れるようになっていきますので、まずはテンプレートから始めてみましょう。

やったことがすぐに形になることというのは、物事を継続していくにおいて、非常に重要なことだと思います。

初から難しい本を読んで、苦手意識を叩きこまれた結果、脱落してしまう人が多いですので・・・


なお、HTMLとCSSの学習に書籍は必要ありません。
次のサイトで全部調べられます。



他にもHTMLとCSSの解説サイトはたくさんありますので、疑問が生じた際に、適切なキーワードで検索してみましょう。

アフィリエイトを始めるには、まずはサイトが必要です。
無料ブログでもいいですが、自分でサイトを用意する場合には、サーバーとドメインを取得する必要があります。

サーバーは高い物から安いものまでたくさんありますが、初心者の方にはロリポップというサーバーがお勧めです。



月額300円程度で利用できます。
ドメインは年間1000円弱です。

使い方はロリポップであれば、マニュアルが丁寧なので、ほぼ問題なく設定できるはずです。
最初、無料期間もありますので操作を試してみましょう。

他には、XREAやX-Server あたりがよく使われていますが、使い方がやや難しいので、ロリポップに慣れてから使われることをお勧めします。

理想的なSEO

| コメント(0) | トラックバック(0)
SEOの理想は、ナチュラルにリンクが集まったサイトと全く同じリンク構造を再現することです。

ナチュラルなリンクがどういうものかというと、色々な人が色々な方法で自分のサイトを紹介してくれている状態です。
ブログ、無料サーバー各種、有料サーバー各種、独自ドメイン、サブドメイン等を使って、似通った、でも完全に一致しないキーワードでリンクをされるはずです。

「こちら」とか「ここ」というキーワードでリンクされることもあるでしょう。

さらに、リンクを送ってくれるサイトも、どこかからかリンクされていることが多いはずです。

つまり、被リンクの被リンクが多くの場合存在しているということ。


この構造は、自然に人気が出たサイトを模しているだけに、実現できれば、検索エンジンのペナルティーに引っかからない理想的な形になります。

自分でSEOのリンク環境を構築するなら、被リンクの被リンクを必ず作成することを徹底すべきです。

また、リンク元はあまり一致しないのが理想ですので、例えば1つのサイトを作るごとに10個の被リンクを付け、被リンクの被リンクも10本つけるとした場合

1サイト×10サイト×10サイト(被リンクの被リンク)=100サイト

ということで、1サイトあたり100サイトの被リンクが必要、ということになります。

ここまでやるのは大変ですが、実際にやっているアフィリエイターが少なく、またやっている人は結果を出している方法なので、ある程度のキーワードで上位表示したい人は、取り入れたい手法です。

SEOの基本

| コメント(0) | トラックバック(0)
SEOとは日本語で「検索エンジン最適化」と訳されます。
つまりは、目的のサイトを検索エンジンで上位表示するためのノウハウです。

日本では、GoogleとYahoo!対策が目的となります。

SEOには大きく分けて内部要因と外部要因があります。


内部要因

内部要因とは、サイト・ブログのタイトルや内容を調整することをさします。


例えば「食パン」というキーワードで上位表示したいとしましょう。

この時、ブログあるいはサイトのタイトルに「食パン」というキーワードが入っていないと、上位表示しづらくなります。

アフィリエイト初心者の人が陥りやすいのは「太郎の日記」のようなサイトを予めやっていて、アクセスがそこそこあるからといって、そこに広告を貼ってしまうというパターン。

これではほぼ売れません。

そうではなく「美味しい食パンの通販情報を発信!食パンWEB」のようなタイトルを付けてあげることで、Googleは、このサイトは食パンについて説明しているのだなと解釈し、上位表示の材料として認識してくれるようになります。

タイトルだけでなく、内容も同様です。

意識しすぎる必要はありませんが、食パンなら食パンという言葉をしっかり使って、文章を構築すると検索に引っかかりやすくなります。


外部要因

外部要因とは、被リンクのことを指します。

被リンクというのは、文字通りリンクされている状態を指します。

検索エンジンは被リンクを人気のバロメータとして評価しています。

どういうことかというと、例えば芸能人のブログにはたくさんのリンクが集まっていると思いますが、これはそのブログに興味を持っている人が多いからですよね。

ということは、そのブログは人気があり、しかも多くの人にとって有益なブログだということになります。
検索エンジンの目的は、検索ユーザーにとって有益なサイトを上位に表示することですので、このようなサイトは上位表示されやすくなります。

ただし、被リンクで重要なのは、被リンク本数だけでなく、どういうキーワードでリンクされているか?ということと、どういうサイトからリンクされているか?が重要視されます。

例えば芸能人のブログが、その芸能人の名前で多くリンクされていれば、個人名で上位表示されます。
そうではなく、例えば「人参好き」というキーワードでリンクされた場合、全く人参に触れていないにも関わらず、人参好きで上位表示されます。

つまり、そのブログは「人参好き」について書かれている、もしくは人参好きというキーワードで高い評価を受けていると、検索エンジンは解釈するのです。

なお、リンク元のサイトの質については、また別の記事に詳しく書きますが、現在は、リンク元とリンク先のジャンルが同じだと高い効果が得られるといわれています。


SEOの大部分は被リンク対策ですので、これについては色々なサイトで情報を集めながら対策するようにしましょう。
巷ではアフィリエイトは稼げないという人もいますが、実際のところ稼げます。

稼げない人は、稼げるようになる前に止めてしまっているだけの話ですので、本当にアフィリエイトで収入を得たいならば、諦めないことが大切です。

例えるならば、既に大手の電気店がひしめく中に、小さいその辺の個人商店のような店を出したところで、生き残るのは難しいですが、電気店が無い住宅街に小さな店舗を出して、修理やメンテナンスを一手に引き受けることができたら、生き残れる可能性は高くなります。

アフィリエイトもこれと同じです。

真っ正直に大手と闘おうとすると、稼げません。
稼げるようになるには、自分も大手になる必要があります。

でも、大手になるまで収入が無い状態では頑張れません。
多くの人は、これをやろうとしてドロップアウトしてしまいます。

だから、小さくても最初のうちから報酬を得ることで少しずつアフィリエイトで稼げるんだという実感を得ることが大切です。
アフィリエイトには基本的にサイトが必要で、サイトの運営には、サーバーやドメインが必要になります。
サーバー・ドメインはいずれも有料です。といっても年間3000円くらいですが。

それでも、お金になるかどうか分からないものに、資金を投入するのは気が引けるという方が多いと思います。

そういう方は、まずは無料ブログだけでいけるところまでいってみましょう。
私の知り合いには、無料ブログだけで月に100万以上のアフィリエイト収入を得ている人もいます。

サーバー・ドメインの運用には、基礎知識が必要ですが、無料ブログなら初心者でも簡単に扱えますし、意外とメリットは大きいかもしれません。


なお、独自ドメイン・サーバーを使えるようになると、ブログよりも細かくレイアウトをいじれるようになりますので、私の個人的な意見ではありますが、いずれは独自ドメインでサイトを作成できるようになったほうがいいと思います。


なお、ブログによっては、アフィリエイトを禁止しているものもありますので、各ブログのポリシーをよく確認してから、広告を貼るようにしましょう。

有名なところでは、FC2やSeesaaブログはアフィリエイトOKです。

アメブロは禁止ですので注意しましょう。
クリック報酬型の広告の中で、恐らく、もっとも単価が高いのがGoogleアドセンスです。


通常、クリック報酬広告だと単価は1円?5円くらいが相場ですが、アドセンスは数十円?数百円と、かなり高い水準に設定されています。

そのため、利用者は多いのですが、いかんせんチェックが厳しいので、いつアカウントを削除されるか、ドキドキしながら使わないといけません。。

アドセンスを使う場合は、よくGoogleのポリシーを確認して、使うようにしましょう。


有名な話では、月間報酬が10万円に届いた月に突然アカウントが削除されたとか、ページの上部に広告を貼っていたから削除されたとか。。理不尽な話はいくらでもあります。

ブログで利用する場合には、記事の下のあたりにでも掲載しておくのが無難です。
アフィリエイトを始めるためには、まずはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)への登録が必要です。
ASPを介して広告主と契約し、広告を扱うことができるようになります。

主なASPは以下の通りです。
できるだけ全てのASPに登録する事をお勧めします。

複数のASPに登録する理由

例えば、水を販売する広告があったとします。
全く同じ広告なのに、あるASPでは、報酬が800円、別のASPでは1000円といったことがあるのです。

1件だけなら200円の差でしかありませんが、100件売れば20,000円。
1000件なら200,000円の差になります。

出来るだけ単価の良いASPを探すためにも、複数のASPへの登録が必要なのです。
また、各ASPごとに、そこでしか取り扱っていない広告があったりもします。


主なASP

意外と美味しいアフィリエイト

楽天やAmazonなどは、独自にアフィリエイトプログラムを運営しています。
単価は1%?5% くらいの間が平均値になると思いますので、決して高くありませんが、利用者が多いので、数を出しやすく、意外とバカにできません。
とにかく最初の1万円を稼ぎたい!という場合には非常に有効な広告です。

特に楽天は、1日100アクセスくらいのブログがあれば、毎日報酬をGET出来るはずです。

Googleアドセンス

アドセンスについては注意点などもあるので、別の記事に詳細を書いておきます。